飼い主に信頼される「信頼感」が大切

常に緊張感を

ペットシッターの仕事は生き物に接することが必要な仕事です。
無機物と対処する場合と大きく異なってくるのがペットは扱い方を間違ってしまうとダメージを受けてしまうことも考えられます。

場合によっては死んでしまうこともあるのです。
また、ぞんざいにペットに対処してしまうとペットの心にダメージを与えてしまうことも起きてしまいます。
つまり常に、緊張感を持ってペットに接することがペットシッターには求められることになります。

更には、ペットの気分はいつも同じではありません。
それに対して柔軟に対処するだけの心の余裕も必要です。
イライラしてしまうような場合も出てくるでしょうがそれに対しても冷静に対応していくことが求められることになります。

ペットの健康状態にも常に気を付けておくことも必要です。
ペットは生き物ですので、体調を崩してしまうことも考えられます。
病気は軽症の間であればすぐに治すこともできますが、悪化してしまうとなかなか治すことができなくなってしまいます。
ですから、常にペットの状態を観察して病気の悪化を防ぐことが必要になってくるのです。

管理システム

ペットシッターのしごとは、依頼者が不在の時に自宅に伺ってペットの世話をすることを求められることもしばしばです。

そんな時には依頼者の鍵を預かることが必要になってきます。
鍵の役割は防犯上非常に重要なものですので、管理システムをきちんと行って行く几帳面さも必要になります。

また、依頼者との対応も常に礼儀正しさが求められます。
礼儀正しい対応をすることによって、依頼者との信頼関係が生まれてくることになります。
ペットに対しても同様で、礼儀正しい対応をペットにすることによってペットが早く心を開くことになりますので、スムーズにペットシッターの仕事を進めていくことができるようになるはずです。

また、その日の出来事はすべて記録しておいて細かな内容も全て依頼者に報告するようにしましょう。
依頼者からの依頼内容については丁寧に対応して、出来るだけ要望に応えるようにすることも必要です。

カテゴリー別記事一覧