求められる能力とは

意思疎通をしっかりと行う

ペットシッターの仕事は依頼者との密な意思疎通が必須になってきます。
それをすることによってお互いの信頼関係が芽生えてきます。
ペットシッターの仕事は基本的に依頼者が不在の時に行う物ですので、お互いの信頼関係をしっかりとしたものにしておかなくてはなりません。

依頼者からお願いされたことは必ず対応するようにしなくてはなりません。
それをきちんと行っていない場合には依頼者はペットシッターに対して不信感を持つようになってしまいます。
更には、依頼者からのリクエストにきちんと対応するために、全てを記録しておいて忘れずにそれらを行って行くようにすることも必要です。

依頼者らかのリクエストの対処することは必須のことですが、ペットのその日の状態を正確に依頼者に伝えることも必要です。
生き物ですので、状態の把握は非常に重要になってきます。
状態の把握を怠ってしまうとペットの健康状態を大幅に損ねてしまう可能性が出てきてしまいますので注意が必要です。

ペットに関する知識

自分が担当するペットに関する様々な知識を身に着けることも必要です。
動物の種類の違いによってもケアの仕方が変わってきますので、広範囲な動物に関する知識が求められるようになってきます。

また、犬などを世話する場合には犬種によってもケアの方法が変わってきますので、それについての知識も必要になります。
一方で、単に餌をやったり、トイレのケアをすればいいということにはなりませんので、動物ごとの病気などの知識も身に着けておくことが必要です。

また、動物は非常に繊細な部分をもっていますので、ストレスを与えないで動物のケアをするにはどうすればいいのかについて、知っておくことも必要です。
ペットの世話をすることに対する資格も存在していますので、知識を増やして行く目的で資格を取得してみてもいいでしょう。
資格を持っていることによって依頼者からの信用度もアップしますのでお勧めです。

カテゴリー別記事一覧