飼い主が抱えるペットシッターへの不安に気付こう

信頼されるには

依頼者から信頼されるペットシッターになるにはどのような点に留意しておくのがいいのでしょうか?
基本的に依頼された仕事はきちんと正確に行って行くことができるというのは信頼されるために非常に重要なポイントになってきます。

それに加えてペットに対する優しい態度も重要なポイントになります。
ペットを扱う仕事ですので、ペットに対しての深い愛情を示すことができなければ、依頼者から信用されることにはならないはずです。

また、依頼者ときちんと会話をすることができなければ十分な意思疎通ができなくなってしまいますので、信頼されるようにはならないはずです。

ホウレンソウ

一般の仕事場でもそうですが、いわゆる報告相談連絡ができる人が仕事を円滑にできる人であると言われています。
ペットシッターの場合も同様で、依頼者との間のホウレンソウがきちんとできる人が一番信頼されるペットシッターということになります。

信頼されるペットシッターであれば、仕事がどんどんくることになりますが、信頼されないペットシッターですと仕事の依頼が来なくなってしまいます。
ペットシッターの仕事は依頼者が家にいない時にペットの世話を行う仕事ですので、信頼できない人にはそれを依頼することができなくなってしまうからです。

連絡方法の確立

依頼者から信用されるペットシッターになるためには、依頼者との連絡方法をきちんと確立することが必要です。
依頼者からのリクエストに付いてはどのように対応したのかをきちんと報告することがお勧めです。

また、ペットの世話をしている間に気が付いたことは何でも依頼者に報告するようにすると良いでしょう。
例えば、いつもよりも食べる量がすくなかった、あるいはいつもよりも機嫌が悪かったなど何でも依頼者に相談するようにするのがお勧めです。

また、生き物を相手にする仕事ですので、絶対に気を緩めることなくペットに対処することが必要です。そのようにしていれば自然に依頼者からの信用がアップすることになるはずです。