愛犬飼育管理士とは

愛犬飼育管理士とは

この資格は一般社団法人ジャパンケネルクラブによる公認資格となっています。
血統書の発行や品種の認定、犬種標準の指定をはじめとして、イベントやショーの開催、ハンドラーやトリマーの育成などにも関わっています。
このようにさまざまな役割を担うことができる能力があると認めてくれるのがこちらの資格なのです。

受験方法や費用、条件について

もしこの資格を取得したいならば、講習会に参加することになります。
そこで扱われるテキストは「動物の愛護及び管理に関する法律」の理念に基づいた内容となっています。
講習会の当日には筆記試験が行われ、そこで合格した人のみに資格が付与されるのです。

受講料と受験料はそれぞれ5,300円となっており、また、JKCの会員になる必要もあります。
会員は新規登録にお金がかかり、さらに翌年以降も費用が発生するため注意しましょう。
また、試験に合格した場合には、資格登録料を支払う必要があります。

資格を持つメリットとは

こちらの資格は基本的に1日以内に取得することができるため、とても楽です。
もちろん、ただの民間資格であり、公的な資格というわけではなく、お金もかかるのですが、実はメリットがたくさんあります。

まず、動物取扱業者の登録をする際の条件としてこちらの資格が認められるケースがあります。
動物取扱業者の登録の条件の1つが所定の資格等の取得であり、自治体によってはこちらの資格が該当するケースがあるのです。

動物取扱業者とは、個人でペットを扱うショップやサロンを運営する、トレーナーとして商売するなどの業種を始める際に自治体に申請をして登録しなければいけない制度のことです。
こちらに登録できる条件として、実務経験や教育機関の卒業などもあるのですが、これらはすぐに条件を満たせるものではなくハードルが高いでしょう。
それよりも、愛犬飼育管理士の方がすぐに資格を取得できる分だけ便利なのです。

ただし、実際に独立やフリーになって働くことを目指しているのでなければ、急いで愛犬飼育管理士の資格を取得する必要はないでしょう。
どうしても今すぐにペットを扱うビジネスを始めたくて、そのための動物取扱業者の登録をしたい人が、手早く条件を満たすために取得するのが良いです。

また、愛犬飼育管理士の講習会に参加することによって、ペットを仕事として扱う際に必要な知識を得られるというメリットがあります。
独学で勉強をするよりも、きちんと講習会という形の中で教わる方が理解しやすいでしょう。

ペットシッターになった後もさまざまな知識や技術を得るための勉強は必要です。
その取っかかりとして、こちらの資格を受験してどのような知識が必要とされているのか知ることには意味があるでしょう。
お金さえ用意できれば、誰でも簡単に講習会に参加できて、メリットのある資格です。

カテゴリー別記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です