どんな資格を取得すれば役立つ?

ペットシッターに役立つ資格

開業には資格が必要

ペットシッターとしてその業務を行っているだけでしたら基本的には資格は必要ありませんが、開業するとなると一定の資格が必要になってきます。
ペットシッターとして仕事をするためには動物取扱責任者の選任及び第一種動物取扱業の登録をすることが必要になってきます。

>>環境省_第一種動物取扱業者の規制 [動物の愛護と適切な管理]

そのためには一定の資格を取得する必要がでてきます。
動物関係の資格を持っていればすぐに開業できるという訳にはなりません。
環境省が定める資格を持っている必要がでてきます。
環境省が定める27個の資格のうちからいずれかを取得していることが開業には必要になってきます。

ペットシッターに関する資格の取り方

ペットシッターに関する資格の取り方は、動物に関する専門学校に通うという方法があります。
動物に関する専門学校に通えば動物に関する広範囲な知識を得ることができるようになってきますので、幅広くペットシッターとして活躍するための素養を身に着けることが可能になります。

しかしながら専門学校に通うためには費用と一定の期間が必要になってきますので、短期間でそして経済的に資格を取りたいと考えているのであれば、通信制や短期間で通うことができるスクールに通うようにすることもできます。

また、資格の中にはテキストなどを購入して自分で勉強をしてそれに関するテストを受ければいいという物もありますので、仕事をしながら資格を取ろうと考えている方の場合にはその方法がお勧めです。

短期間で取得可能な資格

専門学校に通うとなると数か月の期間が必要になってくることが多いのですが、数日の講習を受けてその後試験を受けることによってとることができる資格も存在しています。
しっかり講習を受けていればそれほど難しい試験ではありませんので、お勧めです。

ペットシッターとして開業するには資格を取ることが必要になってきますが、資格の取得方法は多岐に渡っていますので、自分の環境に合わせて資格を取得していくことが可能になります。

カテゴリー別記事一覧