通信講座で短期で学ぶ!

ペットシッターの通信講座ではどんなことが学べるの?

ペットシッターになりたいけれど、学校に通う時間もないし、そもそも近くに養成学校がない。
そんな方には、通信講座でのペットシッター資格取得がおすすめです。

ペットシッターの通信講座では、通常の養成スクールと同様、動物の体の仕組みやしつけの基本テクニック、動物のための栄養学など、幅広い知識とスキルを身につけることができます。

ペットシッターはただたんにペットを預かる仕事ではなく、ペットの健康状態を注意深く観察し、状態の変化についてブリーダーに事細かく伝える義務も背負っています。

敏感なペットたちの体を正確に観察し、わずかな病気のサインをすみやかにチェックするためには動物に関する専門知識が必要であり、通信講座ではそれらの知識を短期間でまんべんなく習得することができます。

新卒でペットシッターをめざす人もいますが、ペットショップや動物病院などに一定期間勤め、実務経験を積んだうえでペットシッターの資格を取得する人も少なくありません。

通信講座でペットシッターをめざすための費用は?

ペットシッターの資格を通信講座で取得するうえで気になるのは、第一に費用の問題ではないでしょうか。
ペットシッター通信講座のコストとしては、講座受講料、認定費用、実技研修費用などがふくまれます。

講座受講料は通信講座を受けるためにかかる純粋なコストで、場合によってはテキスト代が上乗せされることがあります。
認定費用は通信講座で一定の課程を修了し、実際にペットシッターとして認定されるための費用で、試験を受けるために必要となります。

純粋な通信講座では実技および研修が含まれていない場合があり、その場合はトータルコストが低くなります。

それぞれの費用の内訳を見ると、受講料が約8万円、認定費用約1万円、実技研修費用が約6万円となり、トータルでおよそ15万円から20万円が基本相場と言われています。
具体的な費用については通信講座によっても変わってくるため、事前にコスト比較を行ったうえで無理なく通えるものを選びましょう。

受講前に知りたい!ペットシッターに向いているのはどんな人?

どんな職業でもそうであるように、ペットシッターにも向き不向きがあります。動物と日々かかわる職種ではありますが、「ただただ動物が好き!」というだけではペットシッターにはなれません。

ペットシッターには幅広い知識と専門スキルがもとめられ、くわえてペットや飼い主とのコミュニケーション能力も一定水準を超えていなくてはなりません。

動物が好きであるのはもちろんのこと、動物のことなら何でも知りたい、という熱意と覚悟をもった人こそ、ペットシッターとして適任者であるといえます。