家庭動物管理士とは

家庭動物管理士とは

家庭動物管理士という資格があるのですが、これはかつて家庭動物販売士と呼ばれていたものです。
こちらの資格を取得することによって、ペット販売のプロとして必要な知識を学べるでしょう。
資格取得者は全国に1万人以上存在しており、年々その数が増えていて、全国各地で活躍しています。
家庭動物管理士には3級があり、こちらを取得した人には2級も用意されています。

つまり、家庭動物管理士の資格はレベルアップを果たすための機会を準備しているのです。
これから動物関連業に就きたいと考えている人が家庭動物管理士の試験を受験します。
たとえば、動物取扱業の登録をする際の認定要件として家庭動物管理士が認められているのです。
そのため、これからブリーダーやショップなどを開業したいと考えている人が家庭動物管理士を目指しています。

有資格者であれば、お客さんに信頼されやすく安心感を与えることができるでしょう。
家庭動物管理士の資格ではペットを扱う際に欠かせない知識を身につけることができます。
試験を受けて合格しなければいけないのですが、そこでは生体についての知識だけではなく、衛生管理や関連法案、さらには接客の基本についてまで試験に出題されるのです。
そのため、家庭動物管理士の合格のために勉強をするだけで、さまざまな知識を得られるでしょう。

家庭動物管理士を取得するには

家庭動物管理士の試験ではまず3級を目指すことになるのですが、形式はマークシート方式となっています。
60分の試験時間の中で全部で30問の問題に答えていくことになるのです。
試験科目としては、動物取扱業者の職業倫理や動物販売に必要な基礎知識と技術、動物の健康管理といった全5科目が設定されています。
きちんとテキストを読み込んで試験対策をすることで合格を目指せるでしょう。

日本には動物関連教育機関がたくさんあるのですが、それらの学校で家庭動物管理士は利用されています。
教育プログラムの中に家庭動物管理士が組み込まれており、資格取得を目指しているのです。
したがって、家庭動物管理士は教育機関からも認められている資格といえるでしょう。

ペット関連業務ではペットという生き物を扱うに際してさまざまな専門知識が要求されます。
生半可な知識で仕事をするわけにはいかず、大きな責任のかかる仕事であることを自覚しなければいけません。
たとえば、これからペットシッターを目指している人にとっても、家庭動物管理士はとても重要な資格となるでしょう。
ペットシッターになるためにどういう知識が必要とされているのか分からない人がいるかもしれません。

そういう人は家庭動物管理士の資格取得をまず目指してみるとよいでしょう。
資格の勉強を通して、ペットを扱うことの重大さを理解できるようになります。

カテゴリー別記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です