認定ペットシッターを目指そう!

認定ペットシッターになるとできること

認定ペットシッターとは一般的には「動物のスペシャリスト」として認識されている職業で、キャリアアップのためには必須の資格であるとも言われています。

法的には、認定ペットシッターの資格を取得すると「動物取扱業務」のうち「保管」、「訓練」が許可され、一般のペットシッターよりも業務の幅が広がります。

認定ペットシッターは国家資格ではありませんが、動物取扱業には必須の資格であるとされており、独立開業をする際にはこの資格を取得し、開業予定の自治体に所定の届出を行わなくてはなりません。

最初から認定ペットシッターをめざすケースもありますが、トリマーや動物介護士として一定期間実務経験を積んだあとにさらなるキャリアアップとして資格取得をめざすパターンも多いようです。

認定ペットシッターになるには通信講座がいい?

認定ペットシッターの資格を取るためには通信講座の受講と、養成スクールへの通学のふたつのパターンがあります。

通信講座には、トータルコストが安くなる、というメリットがあり、受講料の基本相場は約10万円となっています。自宅でほとんどのカリキュラムが進められるため、忙しい社会人でも自分のペースで知識を身につけることができます。

養成スクールは、通信講座と比較するとコストの面では少々高くなりますが、通信講座では取得できない上級資格を得ることができるため、認定ペットシッターとして本格的に働きたい、という方にはこちらのほうがおすすめです。

一般に、通信講座のほうが短期集中型と言われており、基礎から動物についてきっちり学びたい人は通学講座が推奨されることが多いようです。

高卒や大卒で認定ペットシッターをめざす人は通学講座でじっくりと基礎から学び、すでに動物のプロフェッショナルとして社会に出ている人は通学講座で短期集中型をめざす、というのが一般的なパターンになっているようです。

認定ペットシッターをめざす人の特徴

社会人で認定ペットシッターをめざすパターンは決してめずらしくありません。
動物関連の専門資格としてはペットシッター以外に、動物看護師、動物介護士、トリマー、アニマルセラピストなどがあります。

認定ペットシッターは動物関連の資格のなかでは上級資格とされており、独立開業の際には取得が義務づけられていることからもわかるように、高度な知識とスキルが問われる資格として認識されています。

社会人から認定ペットシッターになるケースでは、平均して10年程度の実務経験を積んでいることが多く、ペットについてのより深い専門知識を身につけるとともに自身のキャリアアップにつなげたい、という方が取得をめざしているようです。

カテゴリー別記事一覧