辛いことや苦労

動物の感情と向き合う

ペットシッターの仕事は動物の感情と向き合うことが求められますので大変な部分があります。
例えば機械などのメンテナンスを仕事をするような場合にはマニュアル通りやれば機械のトラブルはほとんどの場合において解決しますが、動物の場合には生き物ですのでそんな簡単にはいかないことが多い物です。

動物の性格を十分に考慮に入れた対応がペットシッターには求められるようになります。
場合によっては動物の心の問題を勉強することがペットシッターには求められます。

更には、自分がこれまで見たこともないような動物のケアを依頼されることもありますので、それについても柔軟に対処していくことが求められます。
答えがある訳ではありませんので、いつも何かを調べて勉強していくことがペットシッターには求められますので、その部分はかなり大変です。

しかしながら、自分で色々と調べて勉強していくことが好きな方の場合にはペットシッターの仕事はやりがいのあるものになります。
しごとですから、苦労は当然ありますが、それを克服した場合には大きな喜びがあるといえます。

依頼者との対話

ペットシッターは動物のケアをすることがメインの業務ですが、自分勝手に動物のケアをしていいという訳ではありません。
依頼者からの要求に合わせてペットのケアをすることが必要になります。
依頼者からの要求にマッチしていない場合にはクレームになってしまうことも考えられます。

依頼者と十分に対話をしながら仕事を進めていくことがペットシッターにはもとめられますので、その部分で苦労することも考えられます。
といっても多くの仕事が依頼者からの要求によって成り立っていますので、当然のことであるといえます。

また、依頼者からの要求をきちんとこなしていけば、依頼者から頼られるペットシッターということになりますので、仕事の依頼が多くなります。
信用されるということは仕事の励みにつながっていくはずです。

カテゴリー別記事一覧