トラブルを起こさないための心構え

トラブルを起こさない心構え

依頼者のリクエストに対して忠実に

ペットシッターはペットのケアの専門家であるのは言うまでもありませんが、一方でサービス業でもありますので、ペットのケアについての業務はどんな場合であっても依頼者からのリクエストに対して忠実でなくてはなりません。

場合によっては依頼者がペットに対して間違った知識でケアをお願いしてくるかもしれませんが、ペットシッターが自分の知識をひけらかして頭ごなしにそれを否定してしまってはトラブルになってしまいます。
依頼者はあくまでもお客様ですので、尊重した対応が必要になってきます。

仮に依頼者のリクエストを修正するような場合であっても依頼者の対面を汚さないような対応が求められることになります。
なかなか最初の間は難しいかもしれませんが、慣れてくればそれも可能になってきます。
ペットシッターはペットと依頼者両方と仲良く円満にやっていくことが求められる仕事であるといえます。

依頼者との密な会話が必要

依頼者が留守の間にペットシッターの仕事をすることになりますので、基本的に仕事をしている時には依頼者に連絡をすることができなくなります。
ですから、あらかじめ依頼者からのリクエストを把握しておくことが必要です。
また、依頼者からのリクエストに対して不明の点がある場合にも確認をしておくことが肝要です。

また、仕事が終わったら、一日の業務のまとめを依頼者に報告するようにしましょう。
それをすることによって依頼者からのリクエストすべてに対して対応していることが明らかになりますので、依頼者との関係が良好になってくるはずです。

また、ペットをケアしている時に気が付いたことがあったら、依頼者に連絡をするようにすると良いでしょう。
病気などによってペットの状態が悪化しているような場合にはできるだけ早く動物病院に連れていってケアしてもらうようにすると良いでしょう。
丁寧な態度をいつも心がけていれば大きなトラブルに会うこともほとんどないと言えます。