ペットシッターとペットホテルの仕事の違い

ペットシッターのメリットとデメリット

ペットシッターとは依頼者の自宅に訪問し、依頼者が仕事などで外出している間にペットを預かり、食事や排泄などのケアをするサービスのことです。

ペットシッターの大きなメリットとしてはまず、ペットが普段慣れている環境で過ごせる、という点が挙げられます。
ペットホテルでは一気に環境が変わってしまい、神経質な性格のペットだと心身ともにストレスを感じてしまう恐れがあります。
ホテルへの送迎時間が省ける、ということも依頼者にとってはうれしいポイントです。

自宅を知らせてしまうのは、セキュリティ意識を気にしている人にとってはデメリットに映るかもしれません。
基本的に家の鍵をペットシッターに預けることになりますので、シッターとは緊密な信頼関係を結び、ほどよい緊張関係を保つ必要があります。

ペットホテルのメリットとデメリット

医療機関との連携が手厚く、緊急時の対応が迅速に行えるということがペットホテルのわかりやすいメリットです。
ただたんに時間を過ごす、というだけでなく、トリミングやペット専用シャワー、エステなど、自宅ではできないラグジュアリーなトリートメントを行っているホテルも少なくありません。
ペットシッターとは違い自宅を知られる心配がないというのも、依頼者から見たメリットのひとつです。

デメリットとしては、ホテルまでの送迎時間が必要になること、急に環境がかかるためペットにとってストレスが大きくなる、などの点が挙げられます。

ペットホテルのスタイルもここ数年で多様化しており、1頭ずつケージに入れて預かっているところもあれば、広いスペースに複数のペットを放し飼いにし、運動を自由にさせているところもあります。
医療機関との連携の充実度もホテルによってばらつきがあるため、初めて利用する際には必ずホテルの特色と雰囲気、基本方針などを把握し、ペットがリラックスして過ごせるかどうかを最優先で考えるようにしましょう。

ペットから見た預け先を選ぶポイント

ペットシッターか、ペットホテルか。
ペットの預け先を選ぶ際には、依頼者側の利便性を考慮に入れることももちろん大切ですが、何よりも優先すべきはペットの快適度です。

ペットシッターもペットホテルも、どちらかが一方的にペットにとってふさわしい、というわけではありません。
重要なのは「ペットにとってストレスフリーな環境であるかどうか」ということであり、ペットが健康で楽しい時間を過ごせないようでは意味がありません。

日頃からペットの様子を注意深く観察していればストレスレベルも把握できますので、時間がないからといって依頼者側の都合を一方的に優先させることは許されません。

カテゴリー別記事一覧