お給料・年収は安い?高い?

ペットシッターの給料

雇われる場合

ペットシッターとして雇われる場合には一般的に時給制で働くことになります。
時給の幅はいろいろですので、条件によって年収が変わってきます。
例えば、早朝の仕事をすれば時給がアップする可能性が出てきます。

また、ケアが難しいタイプの動物のケアをすればそれに応じて時給をアップさせることが可能になります。
しかしながら、雇われる場合ですと年収は300-400万が上限となってきますので、更に年収をアップさせるには独立して開業をすることがお勧めになります。

独立して開業をすれば大きな年収のアップが期待できるようになります。
また、雇われて働く場合の年収の上限を考慮に入れて女性限定で求人をするようなケースも出てきています。

独立開業の場合

ペットシッターとして独立して開業をするとその方の手腕によって大きく年収が変わってきます。
場合によっては1000万円近い年収となることも考えられます。
多くの依頼者に愛されるようになれば十分な年収を得ることができるようになります。

しかしながら、独立して開業をするためには一定の資格の取得が必要になってきます。
そのためにはスクールに通ったり、試験を受けなくてはならなくなります。
独立開業を考えているのであれば、出来るだけ早く必要な資格を取得するようにするといいでしょう。

年収ではないという考え方

ペットシッターの年収は雇われている場合には残念ながらそれほど良いものではありません。
しかしながら、動物と触れ合うことが仕事になるというメリットをもっていますので、ペットシッターの仕事は動物好きの方には大変魅力的なものになるはずです。

依頼者の方に対してペットの世話から解放された自由な時間を提供できるという点でも、有益な仕事であると感じることができるものです。
ペットシッターの仕事は大変な割に給与が良くないというような意見も聞かれますが、それ以上に得られることも多い大変魅力的な仕事であるといえます。

カテゴリー別記事一覧