高齢ペットのお世話をすることも

高齢動物のケアは人間の場合と同じように

ペットシッターの仕事の一環として高齢動物のケアを頼まれることも考えられます。
人間の場合と同じように高齢動物のケアは大変な部分があります。
なぜならば、体の色々な機能が衰えている可能性がありますので、通常の動物と同じようなケアが成り立たないことも多くなってきます。

余り動かないでじっとしているようなことも多いので、その点を十分に考慮に入れてケアをしてあげなくてはなりません。
散歩に行ってもそれほど歩かないかもしれませんので、適度に運動させるようにすると良いでしょう。

ボケなどが進んでいるような場合には、排泄のトラブルが多くなってくるかもしれませんが、愛情を持って優しくケアしてあげるようにすると良いでしょう。
また、加齢によって免疫力が低下しているような場合もありますので、外に連れていくような場合にはペットに大きな負担にならないような配慮も必要です。

あまり喜怒哀楽を示さなくなっているかもしれませんが、愛情を持って常に接してあげるようにすると良いでしょう。

食事のこと

高齢動物は硬い物を食べるのを嫌がる可能性があります。
そのような場合には柔らかい食事を与えることが必要になります。
依頼者から食事についてのリクエストがあればそれに沿って食事を与えて行けばいいのですが、そうでない場合には高齢動物向けの食事をペットシッターが与えるようにするといいでしょう。

また、高齢動物にとって肥満は大敵ですので、高カロリーにならないような食事になるような配慮も必要です。
また、水分を十分に取らないようなケースもでてきますので、それを防止するために水分も適度に与えるようにすることも必要です。

大変と思わない

高齢動物のケアは言うまでもありませんが、通常の動物よりも大変になってきます。
しかしながら、ペットシッターはペットのケアのプロですので、それを大変と思わずに誠実に高齢動物のケアをしていくことが肝要です。

カテゴリー別記事一覧