飼い主の代わりに犬のお世話をするお仕事

犬のお世話

ペットへの愛情

ペットシッターの仕事は飼い主に代わってペットの世話を行うことにあります。
ですから、ペットに接するときは自分が飼い主だったらという気持ちでペットに接することが求められてきます。

ですから、ビジネスライクの接し方をペットに対してペットシッターがすることは許されないことであると考えておくことが必要です。
多くの飼い主がペットを自分の子供の様に思っています。
ペットシッターも同様に飼い主から依頼されたペットを自分の子供の様に扱って行くことが求められてきます。

子育てをするのはとても楽しい物です。
なぜならば子供の喜んだ顔を見ることができるからです。
また、子供のためにいろいろなことをしてあげる満足感も味わうことができます。

これと同じことがペットシッターには求められます。
ペットがどのようにしたら喜んでくれるかについて毎日研究を重ねていく楽しみを得ることができる仕事であると理解しておくようにすると良いでしょう。

最初の家はなかなかペットが心を開いてくれないかもしれませんが、時間とともにその心を開かせるようにすると良いでしょう。
その時の喜びはペットシッターでなければ味わうことができません。
と手も嬉しい瞬間になるはずです。

飼い主との信頼関係

飼い主からすれば、自分の子供の様に大事に思っているペットを預けることになるわけですから、ペットシッターに対して十分な信頼関係を構築していることが必要になります。

飼い主から安心して自分のペットを預けてもらえるようにペットシッターはいつも誠実な態度で飼い主に接することが求められます。
言葉使いなども丁寧な対応をすることがお勧めです。
いうまでもありませんが、飼い主からのリクエストに対してはすべてを真面目に対応することが求められます。

また、ペットについて自分が気になることがあったら、何でも正確に飼い主に伝えるようにすると良いでしょう。
それをつねに考えていればしっかりとした信頼関係を作り出すことができるはずです。

カテゴリー別記事一覧