犬専門、猫専門のペットシッター店で働こう

専門店で働くメリットと魅力

ペットシッターは動物にかかわる専門職ですが、あらゆる動物に詳しいというわけではなく、シッターごとに専門分野をもっていることがほとんどです。
「犬のことなら誰よりも詳しい」、「猫のケアだったら1日中飽きずにつづけられる!」という人は、犬と猫それぞれを専門とするペットシッター店で働いたほうが日々やりがいをもって仕事にあたることができます。

専門店となると求人の幅がせまくなるのでは、と思われるかもしれませんが、ここ最近は専門性を掲げるペットシッター店のニーズが高まっている傾向にあり、また、店舗側も最初から得意分野をアピールしているスタッフのほうが雇いやすいという面があります。

はじめのうちは犬、猫どちらかの専門として徐々にキャリアを積み、他の動物についても少しずつ知識を広げていくことで担当範囲も広がり、まかされる業務もより専門性が高くなっていきます。

動物好きが働くならどの職場がいい?

ペットのケアをする職種はペットシッターだけではありません。
動物看護師、トリマー、ペットショップの店員など、日々動物にかかわって世話をする仕事は日本でも数多くあり、一部は国家資格として認められています。

どの職種も動物の命を守るという面で尊さがありますが、「動物とマンツーマンでたっぷり関わりたい!」という人はペットシッターに向いているかもしれません。

ペットシッターは時間がくるまでペットと散歩したり、食事をあげたり、トイレの後始末をしたりと、まるで自分が飼い主であるかのような感覚でペットとマンツーマンの関係をつくることができます。

飼い主とのコミュニケーションや緊急時の対応など、責任感がもとめられる職業ではありますが、「ただただ動物が好き!」という強い愛情がモチベーションになることは確かです。

ペット好きに聞く!犬と猫どっちが人気?

犬と猫はいつの時代もペットの代表であり、人気がすたれることはありません。

犬と猫は微妙なバランスを保ちながら人気を維持していますが、その時代ごとに流行の移り変わりがあり、人気のバランスによって時代の特色が見えてきます。

犬は基本的に従順な動物であり、幼犬のうちからていねいにしつければ飼い主との信頼関係を築くことができ、一生のパートナーになってくれる、という特徴があります。

猫は一般になつきにくいイメージがありますが、いったん心を開いた相手にはとことんまで甘えてくれる傾向があり、基本的に家のなかだけで飼えるので長期間家を空けることが多い職種の人でも気軽に育てやすい、というポイントがあります。

犬も猫も大切なペットであり、育てる以上は飼い主として責任をもち、最期の瞬間まできっちり看取るという覚悟がもとめられます。

カテゴリー別記事一覧