キャリアアップは難しい?

見習いペットシッターから着実にキャリアアップする方法

ペットシッターは国家資格ではなく、通信講座を利用すれば比較的短期間で取得できる専門資格です。
もちろん、専門資格である以上、見習いであっても業務にあたっては高度な知識とスキルがもとめられる職種ではあります。

ペットシッターの上級資格としては、愛玩動物飼養管理士、動物看護師、トリマー、認定ペットシッターなどがあり、ペットシッターとしてある程度の実務経験を積んでからさらに専門的な資格取得にチャレンジするケースも決して稀ではありません。
とくに、認定ペットシッターは独立開業するうえで不可欠な資格とされており、実際に独立をめざす人だけでなく、自分自身のスキルを証明する意味で取得する人も少なくないようです。

ペットシッターとしてどのくらい稼げるの?

ペットシッターの平均給与は、全国データでおよそ15万円から18万円となっています。
ただし、これはあくまでも源泉徴収前の金額であり、手取り額で見ると10万円から13万円というのが基本相場になっているようです。

ペットシッターの契約は基本的に時給換算であり、散歩、食事、排泄などすべてのケアを1日行って約5000円から8000円の料金が発生する世界となっています。
シッターの収入としては1件あたり2000円から3000円程度が相場であり、1日2、3件の訪問が限界であることを考えると、個人で効率よく稼げる職種ではないことがわかります。

シッターとして経験を積み、認定ペットシッターの資格を取得すれば就職の際にも有利になると言われており、給与面でも一定の優遇が期待できるため、ペットシッターを一生の仕事にしたいのであれば若いうちに上級資格の取得をめざしたほうがキャリアアップにつながります。

ペットシッターで年収1000万円を稼ぐことはできる?

平均の手取り給与が10万円善後で推移していることを考えると、ペットシッターだけで年収1000万円の収入を得るのは非常に難しいと言わざるを得ません。

認定ペットシッターの資格を取って独立開業し、給与面での上積みが期待できたとしても、個人として依頼をこなしている以上1日で稼げる収入には限界があり、どんなに頑張っても年収350万円から400万円がひとつのラインとなっています。

ただ、個人での独立開業ではなく、従業員を雇用する立場で企業経営というかたちで依頼を受ける形態であればひと月のうちに得られる収入も多くなり、年収1000万円、というラインもあながち夢物語ではありません。

海外ではドッグウォーカーとして1日に10件以上の依頼をこなし、年収1000万円超えを達成しているペットシッターもめずらしくありません。
日本国内でもペットシッターの重要性が認識され、社会的地位が高くなれば待遇も良くなり、収入面でも余裕ができるはずです。

カテゴリー別記事一覧