仕事内容

ペットシッターの仕事内容

依頼者の希望に合わせて何でもやる

ペットシッターの仕事は依頼者の希望に何でもそれを行うことが必要であるということを知っておかなくてはなりません。
もちろん動物が好きでなくてはその仕事をしていくことができなくなってしまいますが、単に動物が好きであってもできるという訳ではありません。

色々な種類のペットがいますので、それぞれのペットに合わせたケアが必要になります。
自分がこれまで飼ったことが無いペットに対してのケアを行うことも必要になりますし、それは仕事ですから断ることはできなくなっています。

中にはケアが非常に難しいペットを依頼されることも考えられますが、そんな時もギブアップすることなく仕事を完了させるタフさも要求されます。
ペットへのえさやりや散歩などいろいろなことを依頼者から要求されるかもしれません。
それをすべて忘れずにやることも必要です。

依頼者との信頼関係に上に成り立っている仕事ですので、やり忘れが出てしまうとその後の仕事の依頼に大きなマイナス要因になってしまいます。

毎日が勉強

ペットのケアをする際にはペットの心の問題や健康状態にも気を使う必要が出て来ます。
動物の病気などの事もある程度の知識が必要になってきます。
毎日が勉強のつもりでペットのケアに役立つことは積極的に勉強していくようにすると良いでしょう。

大変な部分もありますが、勉強によって新しい発見があるかもしれません。
それはペットシッターの仕事をしていく上での大きな喜びになることもしばしばです。
ペットシッターの仕事をうまくやっていくには自分自身がその仕事に対して自信を持って臨むことが必要です。

スクールの利用

ペットシッターの仕事に就いての仕事の知識を身に着けるためには現場での研修が大きな意味を持ってくるのは確かですが、場合によってはスクールに通ってみてもいいでしょう。
広範囲なペットシッターに関する知識を身に着けることが期待されるようになるでしょう。