ペットシッターの1日あたりの料金の目安とは

どれくらいで頼める?ペットシッターの料金

ペットシッターの1回あたりの料金は、契約時間、ペットの種類、サービス内容によって変わってきます。

一般的な中型犬を1日4時間預かってもらった場合、(時間料金+サービス料金)で、おおよそ5000円から8000円程度かかります。
シッター側の収入で考えると、1件あたりの手取り額が約2000円であるとされており、歩合制によってひと月の給料が決められるペットシッター店も少なくありません。

平均ペースで考えると、1日にこなせる依頼は2件から3件であり、月に20日フルで稼働したとして、ようやく15万円から18万円の月収が確保できる計算になります。

新人のうちはそれほどコンスタントに依頼が入るとはかぎらず、月のうち半分以上働けるかどうかも保証されないのが現状です。
ペットシッターとしてのベースアップを期待するのであれば、若いうちから認定ペットシッターの資格を取得し、専門性を身につけておくことがひとつのポイントとなります。

ペットシッターとして少しでも高収入を得るためには

平均で18万円という手取り月収の水準は、ペットシッター専業で生計を立てるうえでは決して充分な水準とはいえません。
ペットシッターとして少しでも高い収入を得るためには、与えられた依頼をただこなすだけではなく、自分自身でも働き方について工夫していく必要があります。

新人のうちは難しいかもしれませんが、ある程度のキャリアが出てきてからはできるかぎり単価の高い案件を中心に引き受けるようにし、いわゆる時間単位の労働効率を高めていくことが重要になってきます。

また、個人で動いているうちはどうしても収入面で限界が出てきてしまうため、ペットシッターとしてとことん稼ぎたい、という人は新人のうちからこつこつと経営についてのノウハウを学び、働き盛りのうちにフランチャイズ方式の店舗を運営できるだけのスキルを身につけておきましょう。

ユーザー目線で考える!ペットホテルとどっちがお得?

不在中にペットを預ける方法としては大きく、ペットシッターとペットホテルがあります。
「ペットを預かる」という基本的な役割はどちらも同じですが、ユーザー目線で考えた場合、どちらが長期的なスパンで見てお得といえるのでしょうか。

単純に料金面で比較した場合、ペットシッターは平均して1日あたり3000円から10000円、ペットホテルであれば1泊5000円から1万円あたりが基本相場となっています。

基本料金だけで見ればペットシッターのほうが若干お得であるように思えるかもしれませんが、あくまでもベーシックな料金であり、各種オプションサービスを組み合わせればトータルの料金はもう少し上乗せされます。

ペットホテルについてもランク別に料金が分けられており、料金だけで比較するのではなく、ペットにとってどのようなサービスが本当に必要なのか、という視点で比べることにより、本当に選ぶべき預け先をピックアップすることができます。

カテゴリー別記事一覧