お散歩時のしつけ方

お散歩時のしつけ方

散歩の際の歩き方

ペットを散歩に連れていくことはペットの運動不足解消になりますので、非常に意味があるものです。
しかしながら、ペットにきちんと散歩の方法をマスターさせておかないと飼い主の方に大きな負担がかかるようになってしまいます。

散歩に連れていく場合には、飼い主のペースでペットの散歩をすることが必要です。
ペットのペースになってしまわないように普段から訓練をしていくことが必要です。
もちろん、あまりにも速く飼い主が動いてしまうとペットがそれに追随することができなくなってしまいますので、それについては注意が必要です。

速すぎず遅すぎず、ペットに負担を掛けないようにしながら、飼い主のペースで散歩することをペットにマスターさせておくことが必要です。
それをしておかないと、散歩の際に飼い主に大きな負担がかかってしまうことになりますし、ペットを散歩に連れていくことが場合によっては嫌になってしまうことも考えられます。

ペットの体力に合わせた散歩量

散歩をする場合に飼い主のペースで行うことは言うまでもありませんが、トータルの運動量はペットの体力に合わせたものでなくてはなりません。
小型の動物であれば、大型の動物よりも少ない運動量で十分な散歩ということになります。

また、高齢の動物の場合も同様に少ない運動量で十分ですので、散歩の量は常によく考えておくことが必要です。
また、冬の寒い時期や夏の暑い時期はペットに大きな負担を与えてしまうことも考えられますので、大きな負担を掛けないような配慮が必要です。

ストレス解消

ペットが散歩をあまり好まないような場合もありますが、いつも家の中にいるような状態になってしまいますと、自然とストレスをペットがため込むことになってしまいますので、散歩をする習慣を身に着けさせるようにすることはとても大切です。

散歩をする習慣を身に着けさせることが難しい場合には、ペットシッターにそれをお願いしてみても良いでしょう。

カテゴリー別記事一覧