犬は笑うのか?

笑えるのは人間だけ

人間は楽しかったりおかしかったりすると笑うことができるのですが、犬の場合はどうなのでしょうか。
たとえば、犬が飼い主に対して笑顔を見せてくれることがあるのですが、これはどういった意味があるのか気になる人は多いでしょう。
ひょっとしたら、人と同じような意味で笑っているのではないかと期待する人もいるかもしれません。
しかし、実際には人と同様に犬が笑うことは脳の構造的に不可能です。

基本的に人間以外の動物は脳的に人と同じように笑うことはできないのです。
人間は大脳皮質や前頭葉の量がとても多いのが特徴であり、これによって言語をあやつり、笑うことが可能です。
このような脳を持っているのは人間だけであり、人間に近いサルであっても、おかしくてげらげら笑うようなことはないのです。
したがって、人間の笑いというのは、人間を特徴づける大きな要素といえるでしょう。

笑顔を見せることはある

犬が笑えないといっても、実際に笑顔を見せることがあるから不思議に思う人がいるでしょう。
実は犬が笑顔を見せるのは、ボディランゲージの一種であると考えられます。
つまり、犬の笑顔は面白くて笑っているというよりも、相手に対して自分の感情を伝える行為といえるのです。
犬は言葉を使うことはできないのですが、ボディランゲージは積極的に行います。

犬の笑顔はポジティブなボディランゲージの1つであると考えられているのです。
また、とある実験によると、犬は犬同士で笑顔を見せあうことはなく、人間にだけ積極的に笑顔を見せるとされています。
これは、犬が笑うことによって人が喜んでくれるため、それが学習されたからかもしれません。
犬は人の反応を常にうかがっており、飼い主が喜んでくれることを積極的に行います。

また、犬は周りの個体の行動をまねたり同調したりすることもよくあります。
相手の表情をまねることもあるため。人が笑顔になっている表情を犬が真似している可能性もあります。
いずれにしても、犬が笑顔を見せるのは悪い意味ではなく、人に対して何らかの気持ちを伝えようとしているのです。
その笑顔はとても癒されるものであり、犬を飼うときの醍醐味の1つといえるでしょう。

たとえば、人に対して遊びを催促する、構ってもらうための手段として笑顔を見せることがあるでしょう。
多くの飼い主は犬から笑顔を見せられればとても嬉しい気持ちになり、撫でてあげたり、構ってあげたりします。
そうすれば、犬はさらにどんどん笑顔を見せてくれるようになるのです。

確かに犬が人と同じように笑うことができないという事実はあるのですが、それでも犬の笑顔は格別なものです。
自分の飼っている犬を笑顔にさせたいならば、積極的に飼い主が笑顔になり、犬が笑顔になったら可愛がってあげましょう。

カテゴリー別記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です