動物由来の感染症とは

動物由来の感染症

動物の病気はそのままにしてはいけません

動物は生き物ですので、場合によっては病気になってしまいます。
動物の病気の中には動物にのみ感染するものもありますので、そのような場合には特に問題にはなりませんが、人間にも感染するものが存在しています。

動物からそのようなタイプの病気に人間が感染してしまいますと、かなり重篤な症状になってしまって人間が命を失ってしまうようなケースも出てきてしまいます。
ですから、ペットを飼うに当たっては動物の健康状態には常に留意をしておくことが必要になります。

健康診断と予防接種

ペットを飼うにあたっては定期的に動物病院で健康診断を受けるようにすると良いでしょう。
早期発見であれば、ペットに大きな苦しみを与えることなく病気を治すことができるようになるからです。

また、予防接種を受けることも必要です。
予防接種の案内は定期的に保健所などからきますので、それに合わせて接種するようにしなくてはなりません。
予防接種をすることはペット自身が病気になることを防ぐだけでなくて、他のペットに病気を感染させないというマナーの意味もあります。

ペットホテルとペットシッター

予防接種などをしていないばあいには、ペットホテルを使うことができないケースもでてきてしまいます。
他の動物に病気を感染させないという常識的な対応ということになりますが、ペットホテルを利用できなくなってしまうと、いろいろな不都合を生じることになりますので、注意が必要です。

また、予防接種を行っていないとペットシッターの依頼を受けてもらえなくなることもありますので、その点も知っておくようにするといいでしょう。

過剰な接触はしない

ペットに愛情を示すことは決して悪いことではありませんが、病気の問題もありますので、それを用心する意味でも過剰な接触をペットにすることは避けたほうが良いでしょう。
重篤な病気になってしまっては元も子もなくなってしまいますので注意が必要です。

カテゴリー別記事一覧