乾燥がペットに与える影響

ペットの乾燥に注意

冬になると人間は乾燥が気になってしまうものですが、実はペットも乾燥による影響を受けます。
実は犬や猫の表皮の厚さや人よりも薄いため、とてもデリケートにできています。
そして、皮膚が乾燥すると本来の機能が失われてしまい、細菌に感染したり、湿疹ができやすくなったりするのです。
冬場は暖房機を使うためによけいに空気が乾燥しやすくなるでしょう。

また、ホットカーペットを使っている場合はそれによってペットが低温火傷してしまうこともあります。
空気が乾燥してしまうと鼻や喉の粘膜にも影響を与えてしまい、その結果ウイルス感染するリスクも高まってしまいます。
このようにペットにとっても乾燥は避けるべきことであり、さまざまな対策を考慮する必要があるのです。

対策やケアの方法

まず、ペットのための乾燥対策ですが、基本的には湿度を適度に保つことだけです。
室内に適度な湿度が維持されれば、当然乾燥による影響を受けることはありません。
人にとってもペットにとっても、快適な湿度は40~60%程度とされています。
このような湿度を作り出すためには湿度気が効果的であり、冬場には常に使いましょう。

また、温度が上がってしまうと湿度が下がってしまいやすくなります。
そのため、暖房を使う際には必要以上に温度を上げないことも湿度を保つために重要です。
冬場には部屋の中に洗濯物を乾かすようにすれば、自然と湿度は上がりやすくなります。
窓を開けて換気をするのは極力避けるべきであり、それによって湿度が下がりやすくなるため注意しましょう。

ペットは特に足裏が乾燥してしまうことが多いため注意しましょう。
特に犬を散歩させたあとには、足裏にダメージを受けていることが多いです。
そこで、ペットの足裏には保湿クリームを塗るようにして、そうすればダメージを軽減できます。
足裏が角化症になってしまうのを予防することができ、常に皮膚を健康な状態に保てるようになります。

体を洗う際には保湿シャンプーを使うことによって、保湿成分による効果を期待できます。
また、体内から皮膚の乾燥を防ぐこともでき、そのために脂質を補給させることも大事です。
その際には体に良い植物性脂肪酸の多く含まれたフードを与えましょう。
ただし、あまりにも資質を与えすぎてしまうと肥満や体臭、消化不良といった症状が出やすくなるため注意しましょう。

また、ペットに触れる人間の手が乾燥していると、それがペットの肌にダメージを与えるケースがあります。
そのため、ペットだけではなくて飼い主の方も乾燥を予防しケアすることを心がけましょう。
以上のことに気をつけていれば、ペットの皮膚を常に良好に保つことができ、病気になるのを防ぐことができるのです。
冬場になったならば、真剣に乾燥対策について考えましょう。

カテゴリー別記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です