ペットシッターの志望動機例とは

ペットシッター志望者にはどんな人が多い?

動物と日々接する仕事ですから、ペットシッターをめざす人は動物好きが多いようです。
採用面接や履歴書のなかで語られる志望動機を見ても、「動物を総合的にケアしたい!」、「1日中大好きな動物のそばにいたい!」、「動物をもっと好きになりたい」などの理由を挙げる人が多く、「ペットシッターは動物好き」というイメージが広く浸透しているようです。

新卒者にかぎらず、動物専門の医療職として一定のキャリアを積んだうえでさらなるキャリアアップをめざし、ペットシッターに応募する人も少なくはなく、志望動機も専門性をアピールするものが増えてくる傾向があります。

ただ、本当に大切なのは志望動機ではなく、「ペットシッターとしてどれだけの貢献ができるか」ということであり、働きはじめのモチベーションを長く保つことです。

採用側に強くアピールできる志望動機とは

どの職種でもそうですが、ペットシッターは生身の動物を日々預かる職業であり、採用の際には志望動機とモチベーションが重要視されます。

採用側に強くアピールするためには、シンプルに熱意や覚悟を訴えるよりも、「自分にはこれだけのスキルと能力があります」というように専門性をピンポイントでアピールする志望動機を書いたほうが効果的であると言えます。

もちろん、新卒者の場合にはスキルのかわりに熱意やモチベーションが大きな武器となります。
「ウサギのことなら誰よりも深く知っています」、「子どもの頃からずっとハムスターを飼っています」などのようにプライベートなメッセージを添えることで人柄が伝わり、店舗側も得意な仕事をまかせやすくなります。

採用確率を上げるためにはまずその店舗について事前にリサーチすることが大切で、テンプレート式の志望動機はどの店舗でも敬遠されます。

採用者もびっくり!本当にあった志望動機

ペットシッターの志望動機といえば、動物が好きだから、子どもの頃から動物を飼っていたからなど、動物好きをアピールするものが主流となっていますが、なかには変わり種というか、採用者もびっくりするような志望動機が語られることがあります。

変わったところでいえば「動物アレルギーを克服したい」という志望動機があり、減感作療法のような感覚でペットシッターをめざす人もいたようです。

症状の程度にもよりますが、動物アレルギーのある人は基本的にペットシッターなど動物にかかわる仕事に就くことは難しく、店舗によっては採用時にアレルギー検査を行っているところもあります。

ただ、スタッフの勤怠管理など事務方の業務も発生するため、仮に動物アレルギーをもっていたとしてもそれだけであきらめることなく、まずは採用担当者に相談してみましょう。

カテゴリー別記事一覧